がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

集学的放射線治療専門医・研究者養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 小川 和彦

がん治療において放射線治療の役割は増大しています。近年はIMRTや定位照射などの高精度外部照射が発達し、治療成績も向上しています。また、小線源治療と呼ばれる密封した放射性同位元素を直接病巣に挿入する治療についても大阪大学では長い歴史と実績を誇っています。大阪大学では小線源から高精度外部照射まで一貫して学ぶ事ができます。

スタッフ紹介

特任准教授 礒橋 文明

放射線治療医の不足は著しく、関連病院からは早く一人前の放射線治療医を常勤医として送ってほしいという要望がひっきりなしです。がん診療において高い専門性を発揮する放射線治療医は、米国では競争が激しく、なりたくてもなかなかなれないそうです。がんに関わるほとんどの診療科とともに協調しつつ、腫瘍医かつ放射線の専門家として高い見識を要求される放射線治療医には、幅広く奥深い修練が必要です。是非一緒に放射線治療医を目指してみませんか。

コース概要

研究科 大学院医学系研究科
専攻名 医学専攻
養成する専門分野 放射線治療専門医
人数 3名
修業年 4年
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本放射線腫瘍学会および日本医学放射線学会の共同認定
学会との連携 大阪大学医学部附属病院は、日本医学放射線学会の総合修練機関である。
資格名 放射線治療専門医(ただし、初期研修終了後、最低5年を要するので、大学院在学期間のみで取得はできない)
資格条件 まず、第1段階として「放射線科専門医」資格を取得する。これには、
  1. 日本国の医師免許を有すること
  2. 申請時において、初期臨床研修期間を含め5年以上の臨床経験を有すること
  3. 申請時において、3年以上日本医学放射線学会正会員であること
  4. 定められた研修期間、研修内容、研修施設等の条件を満たしてること。具体的には、上記のうち少なくとも3年は総合修練機関もしくは修練機関において修練が必要。研修期間3年間のうち、最低1年間は総合修練機関において、研修指導医のもとで臨床研修することが必要。

第2段階であり本来の目的である「放射線治療専門医」資格取得には、

  1. 日本放射線腫瘍学会の会員であること
  2. 放射線科専門医合格者で、その後2年間以上、総合修練機関もしくは修練機関(放射線治療)において、治療を研修した者、であることが必要
  3. 放射線治療専門医制度委員会が実施する治療専門医試験に合格すること
  4. 申請時において5年以上日本医学放射線学会正会員であること

入試情報

入試情報・募集要項 平成29年度 大阪大学大学院医学系研究科医学専攻 博士課程学生入試情報
連絡先 礒橋 文明
e-mail:isohashi@radonc.med.osaka-u.ac.jp
TEL&FAX:06-6879-3482

リンク

関連研究室(教室)

関連プロジェクト


▲PageTOP