がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

全人的緩和医療専門医・研究者養成コース

代表 ご挨拶

代表:松浦 成昭

附属病院の緩和ケアチームは日本緩和医療学会の暫定指導医、ペインクリニック医、精神科医、がん看護専門看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーから構成されています。週2回の回診、週2回の外来、週1回のカンファレンス、月2回の研究会、月1回のキャンサーボードなどの活動を通して臨床、教育、研究に取り組んでいます。

コース概要

研究科 大学院医学系研究科
専攻名 医学専攻
養成する専門分野 緩和医療専門医
人数 2名
修業年 4年
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本緩和医療学会
学会との連携
  1. 附属病院は、同学会の認定研修施設になっています。
  2. 本コースの4年間の研修は学会指定のカリキュラムを含む研修を行っています。
  3. 本コース修了後、下記の資格条件を満たす者は専門医試験の受験資格を有します。
資格名 緩和医療専門医
資格条件
  1. 日本国の医師免許を有する者
  2. 5年以上の緩和医療の臨床経験を有する者、または「がんプロフェッショナル養成プラン緩和医療専門医コース」を修了した者
  3. 本学会が認定する認定研修施設において2年以上の緩和医療の臨床研修を修了した者
    ※申請日より遡って5年以内(2014年度に申請する場合は、2009年1月1日以降)のものとする。
  4. 自ら緩和医療を担当した20例の症例報告を提出すること
    (うち10例以上は認定研修施設の症例)
  5. 緩和医療に関する教育歴を有すること
  6. 緩和医療に関する筆頭の原著論文または症例報告、かつ学会発表の業績を有すること
  7. 本学会認定の講習会を1回以上受講していること
  8. 申請時点で2年以上継続して本学会会員であり、当該年度の会費を納めていること

入試情報

入試情報・募集要項 平成29年度 大阪大学大学院医学系研究科医学専攻 博士課程学生入試情報

▲PageTOP