がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

がん病理診断医・研究者養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 森井 英一

本コースでは、分子生物学を取り入れた新しい病理診断学の研究を行い、高精度ながんの病理診断を実践できる専門医を養成します。また、医療現場のニーズをよく理解し、チーム医療を積極的に推進できる人材を養成します。教育内容としては、従来の形態学中心の教育から分子生物学、生化学の知識・技術を取り入れた新しい病理診断体系を学ぶことで、次世代の高精度な病理診断の研究が可能となる講義・演習・実習を行います。

コース概要

研究科 大学院医学系研究科
専攻名 医学専攻
養成する専門分野 病理専門医
人数 2名
修業年 4年
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本病理学会
学会との連携 日本病理学会認定施設
資格名 病理専門医
資格条件 日本病理学会ホームページ参照
医師、歯科医師免許取得後
  1. 5年以上の病理診断歴
  2. 50体以上の病理解剖
  3. 3000体以上の病理診断経験
  4. 50件以上の迅速病理診断(術中病理診断)
  5. 死体解剖資格(剖検医)
上記の経験を積んだ後に、日本病理学会が行う専門医試験に合格すること。

入試情報

入試情報・募集要項 平成29年度 大阪大学大学院医学系研究科医学専攻 博士課程学生入試情報
連絡先 松浦 成昭
e-mail:matsuura@sahs.med.osaka-u.ac.jp

▲PageTOP