がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

実践的がん医療のための包括的緩和医療専門医育成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:疼痛・緩和医療学講座 教授 細川 豊史

本コースに就学していただき本学附属病院疼痛緩和医療部と連携を取り実践的な能力を持つ緩和医療専門医を育成していきたいと思います。がん疼痛管理に精通しつつ全人的苦痛に対する全人的ケアを行えるとともに、さらにがん医療全般の知識を有し放射線治療や抗がん剤治療についても豊富な知識を有し、看護師や薬剤師などとのチーム医療が実践できる国際的に活躍しうる能力を有する緩和ケア医師の育成を目指します。

スタッフ紹介

疼痛・緩和医療学講座 学内講師 深澤 圭太

緩和ケア外来、ペインクリニック外来、緩和ケア病棟、準緩和ケアチーム員としての活動を通じ、チーム医療を実体験しつつ実践的な能力を体得し、かつ外来・入院患者さんの診察・ケアにおいて、症状緩和と緩和ケア全般について一緒に勉強しましょう.同時に鎮痛薬(オピオイド、非オピオイド)や鎮痛補助薬の正しい理解や様々な病態に対する非薬物療法(放射線療法、外科的療法、神経ブロックなど)についても学習できます。

疼痛・緩和医療学講座 講師 上野 博司

がん患者の緩和医療では、身体的な苦痛だけでなく、精神的苦痛、社会的苦痛などを含め、全人的苦痛(トータルペイン)を緩和することが要求されます。本コースの特徴は、身体的苦痛の中でも特に頻度の高い、痛みの緩和を中心に緩和医療についての理解を深め、専門性を高めていける点にあります。疼痛緩和について専門的知識・技術の習得を礎にして、様々な苦痛に対処できる緩和医療専門医を取得することを目標とします。

化学療法部 講師 吉田 直久

緩和医療には腫瘍学の知識が必須です。私は本学大学院の腫瘍薬物療法専門医コースをマネージメントしていますので、適宜腫瘍学の講義や関連科へのローテートなどをコーディネートし腫瘍学の知識も兼ね備えた緩和医療専門医となっていただけるようサポートします。

内容紹介

●緩和ケアとは

WHOでは2002年に延命を目的とした治療とともに早期に適用され患者さんのQOLを向上させるのみならず疾患の経過そのものにも良い影響を与える行為と定義されています。がん患者さんの約70%ががん疼痛を経験します。がん対策基本法では緩和ケアに関する研修会の開催が、がん診療拠点病院に義務づけられています。またがん対策推進基本計画の中でも、重点的に取り組むべき課題の一つに“治療の早期段階からの緩和ケアの推進"が掲げられています。がん発症早期から緩和ケアを推進することで、全てのがん患者さん・ご家族のQOL向上が期待されます。

●教育内容

腫瘍医療にかかわる全科の協力のもとに高い能力を有する緩和医療専門医の育成に欠かせない全科的実践的系統講義を行います。また他大学と連携をとり単位互換の体制を整え、全国E-learningを盛り込むことで講義内容をより発展させ多様性のある教育を行います。

実習においては,総合的な緩和医療を習得するため、全人的な包括的緩和医療の教育・研究に重点をおき実際の患者を担当し、特に神経ブロック、薬物療法、化学療法、理学療法、心理療法等を実践できるよう指導を行う。さらにキャンサーボードや研修会を定期的に開催し種々の情報提供ができるように取り組む予定です。

●具体的達成目標

1.症状マネジメント
(1)患者の苦痛を全人的苦痛(total pain)として理解し、身体的、心理的、社会的、霊的(spiritual)な側面の把握
(2)症状の早期発見、治療や予防について常に配慮することができる 
(3)鎮痛薬(オピオイド、非オピオイド)や鎮痛補助薬の正しい理解と実践 
(4)非薬物療法(放射線療法、外科的療法、神経ブロックなど)の適応 
(5)痛みの定義,痛みの種類と、典型的な痛み症候群、痛みからの診断についての理解 
(6)腫瘍学的緊急症の理解および対処 
(7)セデーションの理解 

2.腫瘍学:各種悪性腫瘍の病態や治療法の理解
3.心理社会的側面の理解
4.スピリチュアルな側面の理解
5.倫理的側面の理解
6.チームワークとマネージメント

日本緩和医療学会研修カリキュラムより一部引用

本プラン4年間スケジュール

1・2年目 3・4年目
  • 緩和ケア病棟・外来での初期研修
  • 薬物療法および非薬物療法の習得など
  • 腫瘍学系統講義の履修
  • キャンサーボードへの参加
  • 希望者は腫瘍関連各科へのローテート
  • 緩和ケアチームや在宅緩和ケアへの参加
  • 学位取得のための臨床研究

コース概要

研究科 大学院医学研究科
専攻名 統合医科学専攻
養成する専門分野 緩和医療専門医
人数 1~2名
修業年 4年
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本緩和医療学会
学会との連携 緩和医療専門医として全人的苦痛に対する全人的ケアを行うことができ、さらにがん医療全般の知識を有し放射線治療や抗がん剤治療についても豊富な知識を有し、看護師や薬剤師などとのチーム医療が実践できる医師を育成します。人材養成によりがん患者に対して全人的ケアの実践が拡充し、院内のがん医療の質が向上します。
資格名 日本緩和医療学会専門医
資格条件 5年以上の緩和医療の臨床経験を有する者または「がんプロフェッショナル養成プラン緩和医療専門医コース」を修了した者。本学会が認定する認定研修施設において2年以上の緩和医療の臨床研修を修了した者。自ら緩和医療を担当した20例の症例報告。緩和医療に関する筆頭の原著論文または症例報告、かつ学会発表の業績を有することなどが挙げられています。

入試情報

入試情報・募集要項 京都府立医科大学:入試情報
連絡先 京都府立医科大学学生課大学院担当(電話075-251-5227)

▲PageTOP