がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

集学的がん治療専門医養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 長谷川 正俊

がん診療における各分野の専門化が進み、チーム医療および集学的ながん治療の重要性が強調されている。本コースでは、放射線療法、化学療法、外科療法、緩和ケア等の適応と有効な組み合わせを理解でき、多職種のスタッフ、複数の専門医からなるチーム医療の中で適切な集学的がん治療を実施可能な放射線治療専門医を養成することを主目的としているが、さらに腫瘍学全般についての指導も行い、総合腫瘍医として活躍できる専門医の育成もめざしている。なお、コース責任者は全般的な指導、腫瘍学全般を担当するが、脳腫瘍、造血器腫瘍、肺癌、緩和医療、特殊治療等の各論も担当する。

スタッフ紹介

准教授 玉本 哲郎

食道癌、乳癌、頭頸部癌等における化学放射線療法、集学的治療、さらに各種臓器における定位放射線照射、強度変調放射線治療等の高精度放射線治療の適応、治療計画等の指導を行ない、最先端の集学的がん治療に対応可能な放射線治療医を養成する。

講師 浅川 勇雄

前立腺癌、子宮癌、頭頸部癌等における集学的治療、外部放射線照射と小線源治療等の適応選択と実地指導を行ない、最先端の集学的がん治療に対応可能な放射線治療医を養成する。

講義風景

コース概要

研究科 大学院医学研究科 
専攻名 地域医療・健康医学専攻
養成する専門分野 放射線治療専門医
人数 2名
修業年 4年
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本放射線腫瘍学会および日本医学放射線学会の共同認定
学会との連携 放射線治療専門医は日本放射線腫瘍学会および日本医学放射線学会が共同認定する専門医である。
資格名 放射線治療専門医
資格条件 大学院在籍期間中を含めて、放射線科専門医として3年間の研修と放射線科専門医認定試験合格、さらに2年間の研修と放射線治療専門医認定試験合格が必要である。

入試情報

入試情報・募集要項 大学院医学研究科(博士課程)募集要項
連絡先 長谷川 正俊(放射線腫瘍医学講座)
e-mail:oncorad@naramed-u.ac.jp
TEL:0744-22-3051(代表)

リンク

関連研究室(教室)


▲PageTOP