がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

がん薬物療法専門医養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 山本 信之

がん薬物療法専門医を養成するための大学院博士課程のコースです。
がん薬物療法を臓器横断的に実施するために必要とされる知識・技術の習得のみならず、がん患者対し最適な医療を提供するための、複数科(外科、放射線科、緩和医療科、病理診断科など)ならびに多職種(看護師、薬剤師、検査技師など)から構成されるチーム治療のリーダーとなる人材の育成を目的としています。
また、このコース期間中に、がん治療開発のための基礎研究・臨床研究を実践することで、がん医療におけるエビデンス発信の重要性を認識してもらいます。

スタッフ紹介

准教授 上田 弘樹

当コースに入学した大学院生が実践的ながん医療の知識をもった腫瘍内科医となり、がん薬物療法専門医の資格を取得できるようにコーディネートを行います。具体的には、がん患者のほぼすべてのがん種の外来がん薬物療法を経験、実践し、幅広い知識を持てるよう指導します。また、学内でのがん診療に関する講義、研修会や勉強会に参加、さらにキャンサーボードにも参加して幅広いがん医療の知識を取得してもらうとともに、日本臨床腫瘍学会を中心に癌に関連する学会に参加、発表を行っていただきます。そして、最終的にがん薬物療法専門医の資格を取得できることを目指します。当コースに入学した大学院生が実践的ながん医療の知識をもった腫瘍内科医となり、がん薬物療法専門医の資格を取得できるようにコーディネートを行います。

コース概要

研究科 大学院医学研究科
専攻名 器官病態医学専攻
養成する専門分野 がん薬物療法専門医
人数 2名
修業年 4年(長期履修制度あり)
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本臨床腫瘍学会
学会との連携 学会認定研修施設
資格名 がん薬物療法専門医
資格条件 日本臨床腫瘍学会ホームページ参照(http://www.jsmo.or.jp)
  1. 申請時において2年以上継続して本学会員であること
  2. 申請時において(医師国家試験合格後2年の初期研修を終了した後)5年以上がん治療に関連する研究活動を行っていること、および、がん治療に関する十分な業績があること。文部科学省がんプロフェッショナル養成プランのもとで大学院医学博士課程を修了したものは申請可能である。
  3. 本学会認定研修施設において本学会所定の研修カリキュラムに従い、2年以上臨床研究を行い、これを修了していること
  4. 各科の基本となる学会の認定医あるいは専門医の資格を有していること
  5. 当該年度までの会費を納めていること
  6. 申請時において臨床腫瘍学に関連した論文1編(共著可)、および本学会での発表1編以上(共著可)を行っていること
  7. 申請時から遡って過去3年間に、本学会の主催する教育セミナー(Aセッション、Bセッション双方を含む)に2回以上出席していること

入試情報

入試情報・募集要項 大学院医学研究科 和歌山県立医科大学
連絡先 〒641-8509 和歌山市紀三井寺811-1
和歌山県立医科大学 学生課 教務班 (TEL:073-441-0703)

▲PageTOP