がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

コース紹介

がん医療専門医養成コース

各診療科の基盤学会の認定医あるいは、専門医資格の取得を目指す医師を対象とし、腫瘍内科専門医、放射線治療専門医、緩和医療専門医、先端外科専門医または病理専門医養成のための教育とがん研究指導を効率的に実施することによって大学院の4年間でそれぞれの専門医資格と学位取得を目指します。加えて、精度の高いがん登録の方法を研究し、様々な疫学的解析のできる研究者の養成を目指します。

がん医療専門医養成コースへ

がん専門医療スタッフ養成コース

がんチーム医療に参加することによって、がん医療専門に必要な知識と技術を習得し、がんチーム医療に不可欠ながん医療専門職(がん看護専門看護師、がん専門薬剤師、医学物理士、細胞検査士)の養成を目指します。

がん専門医療スタッフ養成コースへ

インテンシブコース

社会で既に活躍している医師、看護師、医学物理士又は臨床検査技師について、腫瘍専門医、がん看護専門看護師、訪問看護師、病院看護師、細胞検査士又は医学物理士を目指すものに対し、必須となる教育及び研究指導を効率的に実施し、本コースの修了時において、医師では専門医資格及び学位取得を、医療スタッフでは各認定試験にかかる受験資格の取得や、地域の医療職者のスキルアップを目指します。

インテンシブコースへ


▲PageTOP