がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

先駆的がん看護開発研究者養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 荒尾 晴惠

本コースは、国際的視野をもち、がん看護領域における新しい研究課題に取り組むことができ、がん看護学の知識の体系化に寄与できる研究者を育成することを目指しています。高度、多様化するがん医療の中において、エビデンスに基づいた有効な看護ケアや介入方法を創出することで、がん看護ケアの質の向上が図れ、患者の生活の質の向上に寄与できると考えています。

日頃のがん看護実践で感じている疑問を形にしてみませんか。

スタッフ紹介

     

特任助教(常勤)畠山 明子

多職種が協働するがんチーム医療において、がん看護専門看護師は、がん患者さん・ご家族の生活を支援する役割があります。そのために、身体の状態を的確にアセスメントする力、心理社会的状態をアセスメントする力が求められています。大学院生が、個々の臨床経験を見直し、その人の強みに気付けるように配慮しながら、高度なアセスメント力が身につくように指導していきたいと考えています。また、自身のがん専門看護師としての実践経験から得たこともお伝えできたらと思います。

特任助教(非常勤)南口 陽子

コース概要

研究科 大学院医学系研究科
専攻名 保健学専攻
養成する専門分野 がん看護領域における研究者
人数 2名
修業年 3年
授与する学位 博士(看護学)または博士(保健学)

入試情報

入試情報・募集要項 平成29年度 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士後期課程学生募集要項
連絡先 荒尾 晴惠 
TEL&FAX:06-6879-2542
e-mail:h-arao@sahs.med.osaka-u.ac.jp

リンク

関連研究室(教室)

連携大学院


▲PageTOP