がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

先駆的病理細胞診研究者養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 松浦 成昭

本コースでは、分子生物学、生化学の知識を十分に修得し、病理組織・細胞診断学の研究を行い、次世代の新しい細胞検査を構築できる細胞検査士を養成します。また、チーム医療を積極的に推進できる人材の養成を目指しています。教育内容としては、最先端のがんの病理学的な知識・技術を修得するとともに、分子生物学、生化学を取り入れた新しい細胞診断学体系の学習を行います。また、医学専攻病理診断コースと連携し、病理医との連携を図ります。

コース概要

研究科 大学院医学系研究科
専攻名 保健学専攻
養成する専門分野 病理細胞診研究者
人数 2名
修業年 3年
授与する学位 博士(保健学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 日本臨床細胞学会
資格名 細胞検査士
資格条件 細胞検査士の受験資格には、臨床検査技師の資格取得後、細胞診の実務経験が1年以上必要となっているため、本学のがんプロフェッショナル養成基盤推進プラン・先駆的病理細胞診研究者養成コースを受講した場合には、博士課程2年次に受験することになります。また資格試験は1次試験(筆記と画像問題)の合格者が2次試験(実技と鏡検)に受験できます。

入試情報

入試情報・募集要項 平成28年度 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士後期課程学生募集要項
連絡先 松浦 成昭
e-mail:matsuura@sahs.med.osaka-u.ac.jp

リンク

関連研究室(教室)


▲PageTOP