がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

がん臨床薬学研究者養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 辻川 和丈

最先端医療を実践する医療施設での臨床研究や製薬企業等との産学連携による橋渡し研究への参画により優れた研究能力を養成します。また全国e-ラーニングを利用して、がんについての高度な知識を学ぶとともに、最先端の医療を行う医療機関におけるチーム医療の実践、多職種合同の症例検討による教育を通し、臨床現場で必要とされる高度な知識を修得することを目的とするコースです。

最先端の医療を学びつつ、がん研究を目指す皆さんの参加をお待ちしています。

スタッフ紹介

助教(常勤) 津金 麻実子

本コースでは、臨床に根ざした高度ながん研究が実践されることにより、わが国のがん研究の発展とがん医療の高度化に貢献できる人材養成を目指しています。一緒に学び、研究してみませんか?

コース概要

研究科 大学院薬学研究科
専攻名 医療薬学専攻・創成薬学専攻
養成する専門分野 がん専門薬剤師
人数 2名
修業年 4年(医療薬学専攻)3年(創成薬学専攻)
授与する学位 博士(薬学)、博士(薬科学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) がん専門薬剤師認定制度(日本医療薬学会)
学会との連携 日本医療薬学会のがん専門薬剤師認定制度は、がん領域の薬物療法等に一定水準以上の実力を有し、医療現場において活躍しうる「がん専門薬剤師」を養成する目的で、2009年11月に発足した。併せて、がん専門薬剤師の養成に必要な研修を実施するための「がん専門薬剤師研修施設」ならびに指導者資格である「がん指導薬剤師」を認定している。
資格名 がん専門薬剤師
資格条件 次の1から7までの要件を満たしていること。
  1. 日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格と見識を備えていること。
  2. 薬剤師としての実務経験を5年以上有すること。
  3. 本学会の会員であること。
  4. 本学会認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師であること。
  5. 本学会が認定するがん専門薬剤師研修施設において、本学会の定めた研修カリキュラムに従って、がん薬物療法に関する5年以上の研修歴を有すること。
  6. 本学会が認定するがん領域の講習会を50単位以上履修していること。
  7. がん患者への薬剤管理指導の実績50症例(3臓器・領域以上のがん種)を提出すること。

詳細は日本医療薬学会HPを参照のこと

入試情報

入試情報・募集要項 大阪大学大学院薬学研究科大学院入試募集要項
連絡先 辻川 和丈(教授)
大阪大学大学院 薬学研究科 細胞生理学分野
tujikawa@phs.osaka-u.ac.jp

リンク

関連研究室(教室)

連携大学院


▲PageTOP