がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

実践的がん医療のための本質的大学院教育がん看護専門看護師コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 岩脇 陽子

京都府立医科大学保健看護学研究科保健看護学専攻において掲げる“実践的がん医療のための本質的大学院教育”では、がん看護専門看護師コースに入学した大学院生に対して、がん看護学における高度な看護実践力のための包括的な専門知識と技術を教授し、臨床実習をコーディネートします。
京都府立医科大学のがん医療にかかわる医師・看護師・薬剤師の協力のもと、高度な看護学の知識と技術を駆使して、卓越した看護実践能力を有するがん看護専門看護師の育成に必要な実践的講義・演習を行います。臨床実習においては、総合的ながん医療を習得するためがん化学療法部および緩和医療部との連携を計り、がん看護学の専門的な実践的な能力を身につけることができるよう緩和ケア病棟をはじめ外来化学療法センター等において実践的な実習をアレンジします。

スタッフ紹介

准教授 吉岡 さおり

本コースでは、「がん薬物療法看護」「緩和ケア」に重点を置き、高度ながん看護の実践に必要な知識と技術を教授し、ケアとキュアを統合した高度な看護実践能力を有するがん看護専門看護師の養成を目指しています。
臨地実習では、複雑な問題を持つ患者や家族に対する高度で専門性の高い看護の提供、チーム医療の一員としての総合的な判断と組織的な問題解決の実践、さらに教育や組織の課題への取り組みの実際を学び、がん医療・看護の質向上に貢献できる人材を育成します。

スケジュール

 本コースの2年間のスケジュールです。
  1. 講義と演習は、1年生に履修します。
  2. 臨床実習は、2年生の4月~7月の期間に下記の内容で行います。
    1)包括的なアセスメントに基づく高度な看護実践の実習
    2)がん看護専門看護師の役割の理解の実習
    3)がん看護専門看護師の役割の実践の実習

コース概要

研究科 大学院保健看護学研究科
専攻名 保健看護学専攻
養成する専門分野 がん看護専門看護師
人数 2名
修業年 2年
授与する学位 修士(保健看護学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 公益社団法人 日本看護協会
学会との連携 日本がん看護学会
資格名 がん看護専門看護師
資格条件 本学のがん看護専門看護師コースを修了し、以下の3つの条件
  1. 日本国の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を有すること。
  2. 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準で指定された内容の科目単位を取得していること。
  3. 専門看護師としての必要な実務研修(保健師、助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が通算5年以上であること。そのうち通算3年以上は専門看護分野の実務研修をしていること)
があることを満たしたものが認定試験の受験資格が与えられ、書類審査と看護実績報告書、筆記試験(論述式)に合格したものが専門看護師認定されることになります。

入試情報

入試情報・募集要項 京都府立医科大学:入試概要
連絡先 京都府立医科大学 学生課入試担当(電話075-251-5167)

▲PageTOP