スタッフ養成コース
ライフステージに応じた実践的ながん医療を推進する高度実践看護師養成プログラム

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 岩脇 陽子

京都府立医科大学保健看護学研究科保健看護学専攻において掲げる“ライフステージに応じた実践的ながん医療を推進する高度実践看護師養成プログラム”では、大学のがん医療にかかわる医師・看護師・薬剤師の協力のもと、実践的ながん医療を推進する講義・演習・臨床実習を行います。本コースでは、小児期、AYA世代、壮年期、老年期の様々なライフステージにあるがん患者と家族に対して、エビデンスに基づいた的確な臨床判断によるケアとキュアを統合した高度な看護実践能力を有するがん看護専門看護師の養成を目指します。

様々なライフステージにあるがん患者のトータルペインを包括的にアセスメントし、緩和ケアを展開する看護実践力、がん薬物療法など様々な治療を受けているがん患者の反応を総合的に判断できる能力、がん患者と家族の意向を支える地域連携・退院調整ができる能力を備えたがん看護専門看護師を先駆的に育成します。また、組織的な課題を見出し、多職種連携を図り、がん医療・看護の質向上に貢献できる人材育成を行います。

緩和ケアとがん薬物療法看護の教育内容に加えて、小児、AYA世代、壮年、高齢者のライフステージに応じた実践的ながん医療を推進できる能力を強化するための教育内容が選択でき、がん看護専門看護師として、高度がん医療、ライフステージに応じた支援、職種間連携について実践的に学修できることが本コースの特色です。

スタッフ紹介

准教授 吉岡 さおり

本コースでは、様々なライフステージにあるがん患者のケアにおいて、特に「がん薬物療法看護」「緩和ケア」に重点を置き、高度ながん看護の実践に必要な知識と技術を教授し、ケアとキュアを統合した高度な看護実践能力を有するがん看護専門看護師の養成を目指しています。
臨地実習では、複雑な問題を持つ患者や家族に対する高度で専門性の高い看護の提供、チーム医療の一員としての総合的な判断と組織的な問題解決の実践、さらに教育や組織の課題への取り組みの実際を学び、がん看護専門看護師としての役割開発を探求し、がん医療・看護の質向上に貢献できる人材を育成します。

スタッフ紹介

スケジュール

本コースの2年間のスケジュール

履修科目等

<必修科目>
保健看護学理論 、研究方法論特論、ヘルスアセスメント特論 、病態生理学総論 、腫瘍病態生理学各論、臨床薬理作用論 、がん看護学特論、がん看護学援助特論 、緩和ケア、がん薬物療法看護、がん看護学演習Ⅰ・Ⅱ 、がん看護学実習Ⅰ~Ⅲ、がん治療看護実習Ⅰ・Ⅱ 、英書購読、がん看護学課題研究 (各2単位)

<選択科目>
臨床遺伝学特論 、小児看護特論、発達障害特論、女性保健看護学特論、高齢者保健看護特論 、高齢者ケア特論、成人健康回復期支援特論Ⅰ・Ⅱ、看護教育学特論、コンサルテーション論、看護倫理、看護管理 、保健看護情報科学特論(各2単位)、看護政策論 (1単位)。

<臨床実習>
1) 包括的なアセスメントに基づく高度な看護実践の実習
2) がん看護専門看護師の役割実習
3) がん看護専門看護師の役割の実践実習
4) がん薬物療法における臨床判断実践実習
5) 緩和ケアチームにおける臨床判断および地域連携・在宅ホスピスケア実践実習

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名) 公益社団法人 日本看護協会
学会との連携 日本がん看護学会
資格名 がん看護専門看護師
資格条件 本学のがん看護専門看護師コースを修了し、以下の3つの条件を満たしているものに認定試験の受験資格が与えられ、書類審査と看護実績報告書、筆記試験(論述式)に合格したものが専門看護師として認定されることになります。
  1. 日本国の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を有すること。
  2. 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程基準で指定された内容の科目単位を取得していること。
  3. 専門看護師としての必要な実務研修(保健師、助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が通算5年以上であること。そのうち通算3年以上は専門看護分野の実務研修をしていること)

教育内容の特色

本コースは、日本看護系大学協議会の認定を受けた高度実践看護師教育課程(がん看護専門看護師38単位教育課程)のプログラムです。ケアとキュアを統合した高度ながん看護実践に必要な専門的な臨床判断、様々な治療を受ける患者の治療過程に伴う看護実践、在宅医療を推進するための地域連携への支援ができる能力を育成します。

本コースは、緩和ケアとがん薬物療法看護の教育内容に加えて、小児、AYA世代、壮年、高齢者のライフステージに応じた実践的ながん医療を推進できる能力を強化するための教育内容を選択できることが特徴です。小児がんの看護実践に必要な遺伝カウンセリング、発達障害、小児がんのケアに関する講義や、必要に応じて小児がん拠点病院である大学附属の小児医療センターのがん医療の実際を学ぶ機会も提供することができます。

がん診療連携拠点病院である大学附属病院の地域医療連携室において退院調整看護師による小児、高齢者のがん患者の在宅移行支援を学ぶ実習を行います。また、地域で生活する在宅がん患者の緩和ケアの実際について実践的に学ぶことができます。その他にも、様々なライフステージにあるがん患者と家族の苦痛を緩和するための高齢者、生殖や妊孕性を学ぶ科目も開講しています。

また、医科学専攻において開講される小児・AYA世代におけるがん集学的医療プログラム、陽子線治療などを含む放射線治療専門医プログラムなどが受講でき、定期的に多数行われているキャンサーボード、緩和ケアキャンサーボードなどへの参加も可能です。

指導体制

がん看護を専門領域とする教員が直接学生の指導に当たります。また、大学内外の専門医、がん看護専門看護師、がん専門薬剤師による講義、実習指導体制が充実しています。

入試情報

入試情報・募集要項 京都府立医科大学:入試情報
連絡先 京都府立医科大学 学生課看護学科・入試担当(電話075-251-5167)