がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

先端的放射線治療専門技師・物理士養成コース

代表 ご挨拶

コース責任者:教授 長谷川 正俊

がん診療における各分野、各職種の専門化が進み、高度の専門的な技術を含めたチーム医療の重要性が強調されている。本コースでは、標準的および高精度の放射線治療、集学的癌治療に対応可能な専門的技術と知識を修得した診療放射線技師を養成することを主目的に、専門的な技術、放射線治療計画、線量測定、検証、腫瘍学等を修得して、高精度の放射線治療を適切かつ安全に提供可能にする。さらに資格条件を満たせば、学位と同時に専門資格も取得可能なコースである。

スタッフ紹介

准教授 玉本 哲郎

食道癌、乳癌、頭頸部癌、脳腫瘍、前立腺癌等における集学的治療、高精度放射線治療(定位放射線照射、強度変調放射線治療等)の指導、特に高精度治療における技術的な指導を行い、最先端の放射線治療技術に対応可能な診療放射線技師を養成する。

講師 浅川 勇雄

前立腺癌、子宮癌、頭頸部癌等における集学的治療、外部放射線照射と小線源治療等の適応選択と実地指導を行う。特に小線源治療においては、低線量率および高線量率のいずれにも対応可能な診療放射線技師を養成する。

講義風景

コース概要

研究科 大学院医学研究科
専攻名 地域医療・健康医学専攻
養成する専門分野 放射線治療専門技師、医学物理士
人数 2名
修業年 4年
授与する学位 博士(医学)

取得が見込まれる資格

認定機構名(学会名)
  1. 日本放射線治療専門放射線技師認定機構
  2. 医学物理士認定機構
学会との連携
  1. 日本放射線腫瘍学会、(社)日本放射線技術学会、(社)日本放射線技師会のいずれかの学会でることが申請資格のひとつである。
  2. 日本医学物理学会の正会員であることが受験資格のひとつである。
資格名
  1. 放射線治療専門放射線技師
  2. 医学物理士
資格条件
  1. 日本放射線治療専門放射線技師認定機構が実施する放射線治療専門放射線技師認定試験に合格すること(同機構が定めている所定の認定単位を取得し、資格審査および試験に合格することが必要である)
  2. 医学物理士認定機構が実施する医学物理士認定試験および認定審査に合格すること(同機構が定めている受験資格、認定審査等を満たすことが必要である)

入試情報

入試情報・募集要項 大学院医学研究科(修士課程、博士課程)募集要項
連絡先 長谷川 正俊(放射線腫瘍医学講座)
e-mail:oncorad@naramed-u.ac.jp
TEL:0744-22-3051(代表)

リンク

関連研究室(教室)


▲PageTOP