がんプロの概要
「ゲノム世代高度がん専門医療人の養成」について

がんは二人に一人かかり、三人に一人がなくなる、今や日本の「国民病」です。生命を脅かす最大の病気です。
本がんプロ養成コースでは、従来まで、手術療法、放射線療法、化学療法、緩和医療の専門家を多数育成してまいりました。不足しているがんプロの人材供給をしてきました。

今期からは、これに加え、ゲノム医療、小児がん・希少がん、AYA(若年者)~壮年~高齢~超高齢にわたる各世代に応じたがんプロ人材を養成します。

がん専門医療者(がんプロ)の養成

がん患者さんとご家族の方が安心して治療を受けるためには、医師、看護師、薬剤師などの専門職がそれぞれの専門知識を活かし、協力して患者治療にあたるチーム医療が重視されています。これらのがん専門医療者(がんプロ)を養成し、多職種間連携によるチーム医療の一層の推進に努力いたします。

がんの予防・検診から診断、ゲノム医療、在宅そして緩和医療まで

平成19年度から実施してきた「がんプロフェッショナル養成プラン」では、医師および医療スタッフの教育体制における取組の充実・発展を図り、大学間の協力体制を拡充したことにより、がん専門医療者における技術・知識等の強化とチーム医療の確立にも成果を挙げてきました。本取組ではこれらを一段と強化するとともに、これまで養成してきた職種に加えて、ゲノム医療、小児がん・希少がん、AYA(若年者)~壮年~高齢~超高齢にわたる各世代に応じたがんプロ人材の養成を図り、また一方で教育・研究を行う講座の設置や体制の確立、国際的視野をもつ人材育成のための国際交流推進など、がんの教育・研究を総合的に行うための基盤を構築することが、本事業の目的です。