がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

がんプロフェッショナル養成基盤推進プランについて

がんプロフェッショナル養成基盤推進プランでは、複数の大学がそれぞれの個性や特色、得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための拠点を構築することを目的としております。これにより、高度ながん医療、がん研究等を実践できる優れたがん専門医療人を育成し、わが国のがん医療の向上を推進していくこととしております。大阪府は都道府県別でがん死「日本一」、わが国でがん登録が最も進んでいる状況にあります。

「地域がん登録の先進地として連携医療機関を介しての利用を可能とし、がんの予防・検診から、診断、治療、そして在宅、緩和医療に至るまで、がんのそれぞれの局面に必要な人材養成を行うことにより、全体としてがんの治療成績向上、患者QOLの改善を実現し、関西地区のがん死亡率最悪からの脱却を目指します。本事業は、大阪大学を中心とした近畿圏7大学による広域連携プログラムです。

がん専門医療者の養成

がん患者さんとご家族の方が安心して治療を受けるためには、医師、看護師、薬剤師などの専門職がそれぞれの専門知識を活かし、協力して患者治療にあたるチーム医療が重視されており、これらのがん専門医療者を養成し、職種間連携によるチーム医療の一層の推進に努力いたします。

がんの予防・検診から診断、集学的治療、在宅そして緩和医療まで

平成19年度から実施してきた「がんプロフェッショナル養成プラン」では、医師および医療スタッフの教育体制における取組の充実・発展を図り、大学間の協力体制を拡充したことにより、がん専門医療者における技術・知識等の強化とチーム医療の確立にも成果を挙げてきました。本取組ではこれらを一段と強化するとともに、これまで養成してきた職種に加えて、疫学研究者、病理診断医、外科医等、予防から診断・治療にいたる幅広い人材の養成、産学連携・医工連携によるがん研究者の養成を図り、また一方で教育・研究を行う講座の設置や体制の確立、国際的視野をもつ人材育成のための国際交流推進など、がんの教育・研究を総合的に行うための基盤を構築することが、本事業の目的です。


▲PageTOP