がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

がん看護専門看護師

がん看護専門看護師(CNS)とは

患者さんやそのご家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供します。

がん患者やその家族は、がんの告知の段階から治療期、終末期まで、常に様々な苦痛を抱えています。さらに近年、がん治療の高度化が進み、治療方法や療養場所の選択、新たな副作用対策など、患者や家族を取り巻く問題はさらに複雑化しており、がん医療の場で看護師に求められる役割は大きくなってきています。

がん看護専門看護師は、がん領域において専門的な知識や技術を有しており、がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者やその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供します。患者さんや家族への直接ケアだけではなく、ケアに悩む看護師への相談や教育、医師や薬剤師、MSWなど他職種との調整も行っています。


▲PageTOP