がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

緩和薬物療法認定薬剤師について

がん患者さんには、がんの痛みだけではなく様々な苦痛があります。医療従事者がこのような状況を理解し、真に患者さんに寄り添う医療を実現するためには、治療やケアに関わる高度な専門性が必要です。緩和薬物療法認定薬剤師とは、特に緩和医療に対する高度な専門性を持った薬剤師です。

例えば、痛みを緩和するためにモルヒネを使うことが多いですが、モルヒネは痛みを和らげる効果が確実である反面、起こりやすい副作用があることが知られています。また、痛みの種類も様々であるために、いくつかの薬を組み合わせて使うことがあります。さらに、高齢の患者さんでは薬の効果が出過ぎてしまうことがあるなど、効果や副作用には個人差が見られることから、一人一人の患者さんに適した対応が求められます。従って、個々の患者さんの症状に合った薬が選択されているかを見守り、副作用や相互作用に適切に対応していくことが求められています。このようなニーズに応えるのが、緩和薬物療法認定薬剤師です。

緩和薬物療法認定薬剤師は、高度な専門性を生かしてモルヒネなどの適正使用を推進し、患者さんの背景も踏まえて薬の効果や副作用をしっかりとコントロールしていきます。これによって、緩和薬物療法認定薬剤師はがん患者さんのQOL向上に大きく貢献しています。高齢化社会が進む現代において、緩和薬物療法認定薬剤師のニーズは今後ますます高くなってくると考えられています。


▲PageTOP