がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

修了生からの声

    

がん看護高度実践看護師コース「旧:がん看護専門看護師コース」

北島 惇子(平成27年度修了) 就職先:大阪府立成人病センター

大学院の講義では過去に経験した臨床事例を基に、先生方や大学院の仲間とディスカッションすることも多く、患者さんをより深く理解するためにはどうすればいいのか、問題の本質は何か、看護として何が大切なのかをじっくりと考える機会となりました。さらに、実習では自分の行った実践のリフレクションや吟味を行い、実践の根拠や判断のプロセスを言語化していくので、思考力や判断力を鍛えられました。大学院での講義や実習を通して、複雑な現象を丁寧に紐解くための論理的な思考力や、俯瞰的に現象を捉える視点を養うことができたと感じています。一方、がんプロの合同研修では、医師や看護師だけでなく、薬剤師や検査技師、放射線物理士の方々とも交流・意見交換でき、それぞれの職種の強みを知ることができました。大学院で得た学びを少しでも臨床に還元できるように、今後も自己研鑚していきたいと思います。

がん看護高度実践看護師コース「旧:がん看護専門看護師コース」

太尾 元美(平成26年度修了) 就職先:徳島県立中央病院

がんプロフェッショナル養成基盤推進プランでは、看護を始め様々な専門分野のエキスパートによる講義やセミナーを受ける機会を得ることができ、基礎から最新に及ぶ知識や技術を学ぶことができました。また、参加している他職種との交流により、それぞれの専門性を理解すると共に、看護の専門性も再認識できたと思います。さらに、がん患者会との交流によって患者の体験を実際に聞くことができたことは、今後も患者を理解していく上で貴重な経験となりました。これらのことから患者を含めたチーム医療の必要性を実感し、今後臨床において、多職種と協働して最良の医療を提供できるよう努力していきたいと思います。

倉田 貴代美(平成26年度修了) 就職先:がん研有明病院

大学院で学ぶ以前、自施設において様々な場面でがん看護専門看護師と関わる機会がありました。その中で自身もがん看護の質の向上のために豊富な知識を備え持ち、常に根拠に基づいたケアができる看護師になりたいと考えたことが進学のきっかけでした。 大学院では、講義や実習に留まらず、がんプロ主催のスキルアップセミナーや国際シンポジウム、合同研修等の多様な経験ができました。実習や研究を進めるうえでは困難に直面することもありましたが、これら様々な経験を通して、知識の習得に加え、多角的な物事の捉え方も学び、看護師として、人として成長できたように感じます。本コースを修了し臨床に戻った現在、2年間で学んだことを活かすべく、がん患者さんとの日々の関わりを大切にし、以前自分が抱いた理想のがん看護専門看護師を目指し精進して参ります。

北田 なみ紀(平成23年度修了)

がんプロフェッショナル養成プランでは、専門科目の授業だけでなく大阪大学緩和医療研究会、がんプロ主催のキャンサーボードにも参加し学ぶことができた。また、学科を越え、コミュニケーションデザインセンターでの「クリニカル・サイコオンコロジーの理論と実践」や「医療対人関係論の講義」を受講することができた。連携大学との合同授業も楽しく、印象に残っている。このようなプログラムによって様々な人とのディスカッションを行う機会を得たことは、現在の臨床の場で様々な職種の人たちの意見を尊重してよりよい医療の提供を話し合う姿勢を培うことに役立っていると実感している。さらに卒業後は、元教員と卒業生で事例検討会を行っているが、物事を広い視野で判断する力や理論を応用した看護実践の力を高めることに役立っている。また、仲間とのつながりを強め、自己をエンパワーする場にもなっている。

谷澤 久美(平成23年度修了)

がんプロフェッショナル養成プランでは、連携大学との遠隔授業等を含め様々な専門分野からの講義を受けることができ、長年の臨床経験での場面を意味づけしながら学びを深めることができました。また、施設・職種を超えた多くの専門職の方々とのディスカッションの機会や、セミナーなどを通じてサバイバーの方々との交流と幅広い視点で学びを深められ多くの事を得ることができました。

現在、がん相談支援室で勤務しており、診断直後から終末期までの様々な時期に苦悩されているがん患者・ご家族からの相談を受けています。日々の実践では、十分な情報提供とセルフケア能力を高めるように関わること、早期から院内外の専門職と連携し継続的にサポートしていく必要性を実感しています。大学院での学びと恵まれた仲間を自分の糧として専門性を磨き、がん患者・ご家族の方々が、安心してその人らしく過ごせるように頑張っていきたいと思います。

中 万里子(平成23年度修了)

がんプロフェッショナル養成プランでは、大阪大学の中だけではなく連携大学の公開講座や遠隔授業もあり、がん看護をはじめとして最新のがん医療についても多く学ぶ事ができました。また、兵庫県立大学では、海外で活躍する高度実践看護師による講義等もあり、2年間を通じて国内外での著名な講師陣による講義を受講できたことはとても幸せな経験だったと思います。さらに、連携大学で行った合同合宿では事例について他職種間でお互いの専門的な視点からディスカッションを行うことができ、他職種チームでの介入の重要性を学ぶ事ができました。放射線技師や検査技師の方と話す機会は今までなかったため、がん診断や治療に関わる職種とのディスカッションは貴重な経験となりました。がん医療の現場ではチーム医療が不可欠であり、がん看護専門看護師を目指す者としてこれらの経験をもとに、他職種間のコーディネーションが行えるようになりたいと思います。

安田 千香(平成23年度修了)

大学院での2年間、“がんプロフェッショナル養成プラン”を通じ、連携大学の方との交流を深めることが出来ました。特に、他大学との合同研修においては、一つの事例を通して多職種で意見を交わし、チーム医療の大切さを痛感すると共に、多くの学びを得ることが出来ました。

臨床に戻った今も、がん治療の充実には、専門職がそれぞれの特性を活かし、恊働することが求められていると感じずにはいられません。現在、“がんプロフェッショナル養成プラン”での経験を、チーム医療を築いていく上で、活かせるよう努力している毎日です。

最後に、“がんプロフェッショナル養成プラン”を通して、多くの学びと交流の機会に出会えたことに、深く感謝しています。

市原 香織(平成22年度修了)

臨床現場で長年勤務してきた私にとって、大学院への進学というハードルは決して低いものではありませんでした。私なりに決心と覚悟を要しましたが、がんプロフェッショナル養成プランでは、がん看護の専門性を磨くにあたって期待していた以上のこと学ぶことができ、進学という私の選択は間違っていなかったと確信しています。現在、私は臨床現場に戻り‘がん相談支援室’でがんの診断・治療期から終末期まで様々な時期にあるがん患者様、ご家族に関わらせていただいています。がん相談支援室での活動を通して実感することは、がんの全ての時期において患者様、ご家族のニードに細やかに応えるため、専門性を持った医療者が互いに連携し、継続的なケアを提供することの重要性です。がん相談支援室での活動を中心にしながらも、がんプロフェッショナル養成プランで学んだチーム医療を実践し、関連職種と連携しながら質の高いケアを提供していきたいと思います。

南 裕美(平成22年度修了)

コース在学中は、様々な分野の先生方から専門的でアップデートな内容の講義や指導を受けることができ、多施設、他分野との密な連携がある環境の中で、がん看護について深く学ぶ機会を得ることが出来ました。得られた学びは、実習などの実践において看護師として行うケアの根拠を明確にし、方略を考える上での基盤となりました。また、自身の思考過程、実践とその評価に関する言語化の能力は、がん看護専門看護師として今後活動を行う際、実践、教育、相談、調整の役割を担う上で欠かせないものであり、実習や研究の過程を通してその訓練の機会と指導を丁寧に受けられたことは、非常に貴重な経験でした。コース修了後、私は研究補佐を経て現在は育児のために医療現場から離れた立場にいますが、同コースの先輩方や同期生の活躍する姿に、いつか自身も現場復帰し活動してみたいという意欲をかきたてられています。

山川 幸枝(平成21年度修了)

病棟勤務を経験する中でがん患者さんの十分な症状緩和ができていないと感じ、最新の知識・技術を学びたいと思ったことが大学院進学のきっかけでした。大学院では、症状マネジメントの知識や技術を講義や多職種でのディスカッションなどの演習を通して、学ぶことができました。
また、大学院では看護とは何かということをあらためて考えることができました。看護の意図や根拠を明確にすることの大切さを教えていただき、そのための訓練を積むことができました。
現在は緩和ケア病棟で勤務しながら、がん看護専門看護師として組織横断的な活動も行っています。困難な事例に直面するたびに悩む日々ですが、大学院で学んだことを土台にして、自らの役割を考え、知識・技術を磨いて、がん患者さんやご家族のお役に立てるようにがんばっていきたいです。卒業後もご指導いただける先生や相談し合える仲間に出会えたことを幸せに感じています。


▲PageTOP