がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成

修了生からの声(兵庫県立大学)

がん看護学(高度実践看護コース)
「現:がん看護高度実践看護師コース(臨床判断能力強化コース)」

平成27年度修了生

私は、これまでの臨床経験を通して、看護師としての専門性を高めていきたいという思いで大学院進学を決意しました。「がんプロフェッショナル養成プラン」における、スキルアップセミナー、合同研修、国際シンポジウムなどに参加し、多くの貴重な学びを得ることができました。がん医療を担っていくために必要な最新の専門的知識の習得をはじめ、多職種との交流を通して各々の専門性がどのようにがん医療に提供されていくのかを理解し、チームとしてどう連携をとっていくことがよりよいがん医療につながっていくのかを学ぶことができました。そして、海外のがん看護スペシャリストの活躍を知ることにより、我が国で求められるがん看護スペシャリストの在り方について俯瞰的な視野で考える機会を得ることができました。 今後も引き続き、がん患者が安心して暮らせる日々の実現に貢献していけるように、日々精進していきたいと考えています。

平成23年度修了生

がんプロフェッショナル養成プランを受講し、連携大学の方との合同研修を通じて交流を深めるができた。中でも今年度に行われた合同研修においては、よりチーム医療を実感し、多職種の視点から一事例を深く検討することができ、多くの学びを得ることができた。がんプロ事業により様々なセミナーの情報を入手することができ、例えば薬学や放射線物理学などを受講することができたことは自身の知識の向上につながったと考える。遠方のセミナーが多いため、遠隔システムを利用したセミナーが増えればさらに受講しやすくなると考える。HPより特別講義の動画配信を利用することで過去の特別講演を聴講できることや、e-learningにより他大学の講義を聴講できることは非常に有用であり、実際に実習の事前学習に活用することができた。e-learningのメモ機能など、活用しにくい部分もあるが、聴講できる科目がさらに増えることを希望する。また、修了後にもe-learningの利用が継続できれば、さらに活用できると思う。

平成23年度修了生

がんプロフェッショナル養成プランの合同研修やさまざまな公開セミナーに参加し、さまざまな専門職の人と一緒に事例についてディスカッションすることで、多職種の専門知識や考え方、判断を学ぶとともに1人の患者の治療方針について多角的に議論することができてよかった。このような経験から得たチーム医療に対する理解を、今後臨床に出てからも活用しながら、さらに深めていきたいと考える。またがんプロ全国e-learningクラウドでは、連携している5大学を越えて、関東地方の大学の講義なども受けることができ、緩和医療学や放射線腫瘍学についての専門知識を得ることができたので、今年から新しく始まった医師の下で医師の判断を学ぶ高度実践看護師の実習の事前学習として大変役に立った。いつでもどこからでもアクセスできるシステムというのも活用しやすく、できれば修了後もがんプロ養成プランの修了生に対するフォローアップとして、活用できるものになるとありがたいと思う。

江藤 美和子(平成22年度修了)

阪大との遠隔授業で、緩和ケアについてプレゼンテーションを行って、恒藤先生、岡本先生にご指導をいただいたり、院生の方々意見交換ができたことは、今現在行っている緩和ケアチーム活動に役立っています。また昨年行われた合宿では、医師、看護師、薬剤師や他職種の方々とディスカッションし、各々の専門性を学ぶよい機会でした。看護師は、そのような専門性を認識して、タイミングを逃さず他職種の介入をコーディネートする立場にあると思います。現在、フリーポジションでそのような調整に携わる機会が多いのですが、看護として意見を述べること、また他の職種の専門性を認識し、尊重してチーム医療の実現を目指すという基礎は、大学院での2年間で培われたのだと思います。今後も院内での看護の専門性を高めると同時に、他職種との連携を行い、がん患者さんのQOL向上と思いに沿った意思決定を支えていきたいと思います。

小川 葉子(平成22年度修了)

私は現在、がん看護専門看護師を目指し、医療現場で複雑で解決難解な問題を持つがん患者およびその家族や集団に対して、水準の高い看護ケアを提供できるよう日々奮闘しています。がんプロフェッショナル養成プランでは数々のセミナーを受講させていただきました。臨床での活動を通じて、がん医療に必要な技術や知識の習得に役立つ学びをさせていただいたことを実感しています。それらの学びを臨床に還元できるよう、今後も活動を続けていきたいと思っています。また、よりよいがん医療を目指す上で医療専門職がそれぞれの専門知識を生かし、協力してチーム治療できることが求められています。がんプロフェッショナル養成プランへの参加を通じて、教育機関や臨床施設および職種間を超えた交流をすることができました。その経験が各職種の役割理解に繋がり、臨床現場で実際にチーム医療を築いていく上で、私自身の基盤にもなっていると感じています。多くの学びおよび交流の場として活用させていただいたことに、深く感謝しています。

杉江 礼子(平成22年度修了)

2011年3月、2年間の大学院修士課程を無事終了する事が出来た。学問としての看護の“広がり”と“深まり”が、最も大きく学び得た事だったと感じている。がん看護に関して、関連大学との遠隔授業を含めた一流の講師陣に、熱意を持った同期生との学びの場は、非常に贅沢な学習環境であった。臨床の場では経験しにくい、日本におけるがん医療やがん看護の、最先端の学びの一端に触れる事が出来、このような場で看護が学問として構築され高められていくのだという事を肌で感じ、大いに刺激になった。しかし同時に、臨床と学問をどうリンクさせていくか、今後も重要な継続課題である事を感じている。自分自身と向き合い続ける厳しい2年間であったが、自律的な学問の在り方を追求した事や、スペシャリストの方々および同じ志を持って研鑽に努力を惜しまない同期生との出会いは、非常に貴重な財産となった。今後も、学び得た事を礎に広い視野を持ちながら、がん看護を必要としている方々のQOLに少しでも寄与できるよう努めていきたいと考えている。

平成22年度修了生

がんプロ養成プランでは、海外で活躍する高度実践看護師による講義・講演に参加したことが最も大きく印象に残っている。この企画では、これまで自分が身につけてきた経験や知識を深める機会となったのみならず、海外での高度実践看護師の活動を知ることによって自分の専門職としての意識の向上や視野を広げることにもつながったと感じている。また、連携大学で企画されたセミナーの聴講や多職種との合同合宿へ参加したことも強く印象に残っている。これらの企画は、看護以外の職種のもつ専門性に触れる貴重な機会となった。企画に参加した際には、正直その意義は実感としてあまり感じていない部分もあったが、今臨床に戻って日々がん患者に関わる中で、多職種がうまく協働し、各々の職種が役割を最大限発揮することが、患者の生命やQOLに大きく貢献するのだと、その重要性を日々実感として感じており、チーム医療の基盤となる学びを得たと感じている。

竹村 陽子(平成21年度修了)

がんプロ養成プランを受講した2年間では、今までの看護経験を振り返り理論と実践の結び付けて考える方法を学び、さらに実践演習を通じて学んだことを実践することができました。自分が専攻したがん看護について、今まで持っていなかった新しい視点をがん看護以外の選択科目からも学ぶこともできました。修了後の病院での業務では、ケアの対象としての患者・家族だけでなく、看護スタッフや多職種に起きていること、病院全体のシステムが患者やスタッフに与えている影響などについて広い視点で捉える事が出来るようなってきたと思います。2年間の大学院生活でともに学んだ同級生や先輩、多くの学びを与えて下さった先生方は遠い場所でそれぞれ違った立場で仕事をされていますが、大学院を離れた今も学会やOG会、メーリングリストでのコミュニケーションが続いており、現場で困難な場面に遭ったときは今も助けていただいています。このような縁を持つことが出来たことも、自分にとって貴重な財産となっています。

平成20年度修了生

がんプロ養成プランを受講して、修了大学以外の大学の教授から講義を受ける機会や他の施設で行われているキャンサーボードなどにも参加することができ、多くの知識を得ることができた。専門看護師として実際に働く中で、他職種と協働するときの自分の立ち位置や組織のニーズを考え、自分は何をすべきか迷うこともあるが、在学中に広い視野で物事を考える機会を多く得られたため、迷うときにも立ち止まっていろいろな面から考えられるようになったのではないかと思う。修了後も同級生や先輩方と関わる機会があり、刺激を受けることが多い。チーム医療を推進していく中でも他者とのコミュニケーションはとても重要である。これからも多くのことを吸収し、自分の力を伸ばせるように積極的に活動していきたい。


▲PageTOP